So-net無料ブログ作成
-| 2010年03月 |2010年04月 ブログトップ

マカフィー、アドビのDRMと連携したDLPソフトウェアの最新版を発売

 マカフィーは3月23日、文書管理ソフトウェア「Adobe LiveCycle Rights Management ES2」との連携機能を搭載した情報漏えい防止ソリューション「McAfee Host Data Loss Prevention」の最新版「Host Data Loss Prevention 9.0」を発売する。 McAfee Host Data Loss Preventionは、重要データの転送を監視・制御するソフトウェアだ。職場・自宅・出張先などで社員の機密情報に対するアクセスをデータ分類に基づきリアルタイムで監視し、コントロールできる。また、電子メール、インスタントメッセージ、CD作成、USBコピー、印刷といった行為に制限を掛けることで情報漏えいを防ぐ。 機密情報に対する侵入検知リポートを作成することも可能だ。機密情報に対する社員の認証情報をハイジャックするトロイの木馬、ワーム、ファイル共有アプリケーションなどによるデータ損失も防止するという。 Host Data Loss Prevention 9.0に新たに追加された主な機能は、ルール違反が発生したとき該当部分のテキストをハイライト表示する「ヒットハイライト」、USBメモリなどのリムーバブルデバイスからのアプリケーション実行を制御する「リムーバブルデバイス制御機能の強化」、機密文書用のテンプレートを使用したファイルのメール添付をモニターしたり、特定のユーザーが作成したファイルのUSBメモリへのコピーをブロックしたりする「ドキュメントプロパティ定義の強化」がある。 Host Data Loss Prevention 9.0の価格は、1ノード1万6800円(税込み)から。販売は、マカフィー製品販売代理店またはマカフィーが行う。 なお、今回のAdobe LiveCycle Rights Management ES2との連携機能は、マカフィーが2009年9月にアドビシステムズと締結したグローバルアライアンスに基づくものだ。マカフィーとアドビシステムズは、情報漏えい防止(DLP:Data Loss Prevention)とエンタープライズデジタル著作権管理(DRM:Digital Rights Management)の統合ソリューションを共同で提供し、データ保護領域の分野で拡大を狙う。マカフィーのポリシーベースのデータ分類、アドビシステムズのポリシーベースの電子文書保護それぞれの技術を組み合わせることで、知的財産やコンプライアンス関連データなど企業の重要情報を保護できるようになるという。■関連記事DLPからスタートする総合的な情報漏えい対策マカフィー、データ漏えい防止と暗号化を組み合わせたDLPスイート情報漏えい防止には総合的な対策が必要機密情報ファイルの分散を認識し対策を行うmixiの生みの親“バタラ氏”が語るMySQLの意外な利用法



コンデナスト、雑誌『VOGUE NIPPON』『GQ JAPAN』『VOGUE HOMMES JAPAN』iPad版電子雑誌 独自アプリ開発を発表

Tokyo, Mar 16, 2010 - (JCN Newswire) - コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパンならびに、コンデナスト・ジャパン(以下、2 社併せてコンデナスト)は、日本での iPad 発売に合わせ、電子雑誌アプリを開発中であることを発表いたします。現在、株式会社ヤッパによる技術協力の下、開発を行っています。発売を予定しているのは、『VOGUE NIPPON(ヴォーグ・ニッポン)』『GQ JAPAN(ジーキュー・ジャパン)』『VOGUE HOMMES JAPAN(ヴォーグ・オム・ジャパン)』の3誌です。iPad版電子雑誌アプリの開発は、旧来の出版社からトータル・メディア・カンパニーへと進化するコンデナストのマルチ・プラットフォーム戦略の一環として実施いたします。日本でのiPad発売に合わせた、電子雑誌アプリ参入の早期決断に際しては、2009 年より iPhone/iPod touch向けに開始した、米国での電子雑誌アプリや、日本での電子雑誌の有料配信およびビューア・アプリ「マガストア」での販売実績を重ねたことも後押しとなりました。『VOGUE NIPPON』『GQ JAPAN』『VOGUE HOMMES JAPAN』それぞれのブランドを、マルチ・プラットフォーム(紙、WEB サイト(PC/携帯/スマートフォン)、タブレット・デバイスなど)で展開し、媒体、デバイスの特性に合わせたコンテンツ提供とレイアウト表現を行っていきます。それにより、読者、ユーザーに、プラットフォーム毎のエクスペリエンスを提供します。同時に、広告主に対しては、複数のプラットフォームを組み合わせた立体的なソリューション提案を進めていきます。iPad版電子書籍アプリ開発においては、ローンチ時には動画視聴や写真のアザーカットを閲覧可能にするほか、将来的には記事毎にメールや SNS、ミニブログなどへのシェア機能や、人気記事のランキング、ユーザー別のおすすめ記事表示機能なども検討しています。なお、App Store で独立したアプリとして販売するのと同時に、引き続き「マガストア」内での販売も継続する予定です。【会社概要】コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン1997年設立。1999年7月に雑誌『VOGUE NIPPON』(毎月28日発売)、2008年9月に雑誌『VOGUE HOMMES JAPAN』(年2回発売)を創刊。米国コンデナスト・パブリケーションズの100%出資会社。『VOGUE NIPPON』1892年に米国で創刊し、現在17カ国で発行される、世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版。世界のトップフォトグラファーとのコラボレイションによる美しいビジュアルが誌面を飾り、最新のファッションとビューティの情報から文化・社会的なトレンドまで、洗練された“ヴォーグの世界”を展開。時代に影響を与えた各界の女性たちを毎年年末に表彰する「Women of the Year」も好評。今年創刊11周年を迎える。 www.vogue.com『VOGUE HOMMES JAPAN』仏コンデナスト社が発行する『VOGUE HOMMES INTERNATIONAL』の日本版。世界一ファッション・コンシャスな日本人男子のためのハイエンド・モード・マガジンとして、2008年に創刊。機能よりデザイン、迎合より個性、平均より輝きを求める、時代の最先端を行く男たちに向けて、メンズ・モードの今を、世界のトップ・クリエイターたちによるビジュアル表現と、独自の視点で追求する。 www.voguehommes.jpコンデナスト・ジャパン2002年設立。2003年4月に雑誌『GQ JAPAN』(毎月24 日発売)を創刊。米国コンデナスト・パブリケーションズの100%出資会社。『GQ JAPAN』1957年に米国で創刊し、現在17カ国で発行される、クオリティ・ライフスタイル誌『GQ』の日本版。知性・品性・感性を備え、本質にこだわる男性のための月刊誌として、2003年に創刊。時代に影響を与えた各界の男性たちを毎年年末に表彰する「GQ Men of the Year」も好評。今年創刊7周年を迎える。 www.gq.com【国内 関連会社】コンデネット・ジェーピー2000年に、WEB媒体会社として設立。2000年11月に「VOGUE.COM」を、2003年4月に「GQ.com」を運営開始。米国コンデナスト・パブリケーションズの100%出資会社。【世界におけるコンデナスト】コンデナスト・パブリケーションズ(Conde Nast Publications, Inc.)1909年、米国にて創立。ニューヨークに拠点を置き、米国における出版事業を運営。コンデナスト・インターナショナル(Conde Nast International Ltd.)1916年、米国以外のビジネスをマネージする部門としてイギリスに設立。現在24の国と地域のビジネスを統轄し、全126誌を発行している。【技術提供会社】株式会社ヤッパ2000年設立。東京(渋谷区)に本社を置き、現在米国、イスラエルに事業所を構える、ユーザーインターフェース技術とデザインにおけるリーディングカンパニー。グラフィックテクノロジー業界での長年の経験から、魅力あるユーザーエクスペリエンス実現に向け、操作性の高いインターフェースを組み込み業界に提供している。その一方で、電子出版事業においては、様々なコンテンツプロバイダーと連携し、携帯電話等への電子書籍の開発・販売を行っている。 http://www.yappa.co.jp/本件に関する報道関係の方からのお問い合わせ先コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン / コンデナスト・ジャパンマーケティング部 田中 ちひろTEL:03-5485-9152FAX:03-5766-3010〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-11-8 大菅ビル3階



野中広務・元自民党幹事長が民主に陳情(産経新聞)

 全国土地改良事業団体連合会(土改連)の会長を務める野中広務・元自民党幹事長は26日、国会内で民主党幹事長室に対し、安定した食糧自給率の確保などの農業政策に関する陳情を行った。土改連側が求めた小沢一郎幹事長との面会は実現せず、民主党側は一川(いちかわ)保夫副幹事長が対応した。土改連は自民党の参院選比例代表への組織内候補の擁立を撤回したが、野中氏は記者団に、民主党からの候補者擁立について「ありません」と否定した。

【関連記事】
金丸氏しのび旧竹下派幹部が会合 小沢氏は姿見せず
自民離れ加速する支持団体…民主の顔色うかがう
普天間県外移設は困難 野中元自民党幹事長
野中氏、全土連候補の自民公認辞退を示唆「ご迷惑かけるかも…」
野中氏が天敵・小沢幹事長に面会要請 そのワケは…
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー−東京地裁(時事通信)
外国人介護士受け入れに意欲=鳩山首相(時事通信)
チンパンジーは空気よむ? 仲間の視線に敏感 京大が初解明(産経新聞)
リニア新幹線が長野県を迂回するという噂の真実度は?(産経新聞)
<雑記帳>「可愛い」…ペンギンが氷上散歩(毎日新聞)



初舞台も大物っぽい、穂のかと、“ベイビーフェイス封印”の森山未來がただいま熱演中『カフカの「変身」』

 41才で死去した、プラハのユダヤ人作家フランツ・カフカ。20世紀を代表する作家の一人に数えられながら、最近ではなぜかサブカルチャー信仰者の“心の神”として生き続け、ひきこもりアーティストの元祖みたいに思われている。(実際は無職でなかったが)そんなカフカの代表作「変身」のグレゴール・ザムザを、これまたウエットなベイビーフェイス、森山未來クンが“ありえない体型”で熱演中だ。 現在、ル テアトル銀座 by PARCOで上演されている森山未來主演『カフカの「変身」』(〜3月22日)。ほぼ満席の会場は森山未來目当ての女性客と、カフカ世代? のオジサマの姿が7:3ぐらいの割合で開演を待っている。全体的に落ち着いた雰囲気。 シンプルな鉄骨の舞台セットで、柔軟な筋肉を最大限に生かして虫になったグレゴール・ザムザを表現する森山。これは18年前に同じスティーブン・バーコフの演出で宮本亜門が演じた役で、カフカがこれを書いた29才時の投影と言われている。そしてグレダ役には昨年、彗星のごとく映画界に飛び込んで来た穂のか。彼女は初舞台なのに堂々とした演技、ハスキーな声とサッパリ感が気持ちいい。グレゴールの父の永島敏行と母の久世星佳は常に安定的。意地悪な主任役で舞台俳優の福井貴一が前半を、後半は下宿人役の「劇団鹿殺し」丸尾丸一郎が、奇妙な笑いで場をさらう。ピーヒャララー、スポン!と、登場人物の動きに合わせて鳴るキーボードとパーカッションの生演奏が見事だった。 「ある朝、不安な夢から目覚めると、グレゴール・ザムザは自分がベッドのなかで大きな虫に変わっているのに気がついた」この名文から始まるシュールな名作、『カフカの「変身」』。1883年生まれのカフカは、鬱々した自分の内面を表現した作風で、生前は売れず、世に名前が知られ始めたのは戦後。そして、「孤立化が進む現代」になって更にカフカはブームとなっている。シュールな漫画「さよなら絶望先生」(久米田康治:作)に出てくる不適なポジティブ少女、可符香ちゃんの名前も、多分カフカから来ている。 それにしても、あいかわらずベイビーフェイスな森山未來なのだが、役柄上、彼の“カワイイ姿”がほとんど見られない。「セカチュー」とか「フィッシュストーリー」など映画ではとにかくカワイイのに、(宮藤官九郎作のロックオペラとかもそうだっけど)、舞台では常にハイレベルなテクニックを目指し、カワイイ役をやってくれない森山クン。まったくもってファン泣かせな役者である。(コアラみどり)【他にはこんな記事も!!】韓流ブームに冷や水をぶっかけた山野車輪の新刊マンガ『「若者奴隷」時代』が発売開始【これじゃ売れない!】 ウルフルズ解散後、坊主頭で“男前度”が下がり気味。やっぱりピンはダメなの? 「トータス松本」平城京遷都1300年祭に沸く古都、奈良



バイクの加速性能をアピールするためのテーブルクロス引き動画

「0-100km加速が2.9秒というバイク”S1000RR”の特徴をアピールするため」に、BMWがバイクでテーブルクロスを引くというプロモーション動画を公開しています。..... 続きはコチラ



記録的ヒットの『アリス〜』を引っさげジョニー・デップが緊急来日!

写真拡大『アリス・イン・ワンダーランド』より。ジョニー・デップは帽子屋「マッド・ハッター」を演じている (C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved. 『不思議の国のアリス』をもとにしたファンタジー映画『アリス・イン・ワンダーランド』に出演するジョニー・デップが来日することが明らかになった。[動画]『アリス・イン・ワンダーランド』予告編これまで『チャーリーとチョコレート工場』『スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』などのヒット作を共に創りあげきた盟友ティム・バートン監督との最新作となる本作でデップは、斬新すぎるメイクと衣装に身を包み、ワンダーランドでヒロインのアリスを待ち受けるマッド・ハッターを演じている。デップは現在イタリアで新作を撮影中だが、その合間を縫っての来日となる。3月22日に来日し、記者会見やファンイベント、ジャパンプレミアなどに出席する予定で、なんと最長15時間程度という超駆け足の滞在となるようだ。『アリス・イン・ワンダーランド』は全米公開中で、オープニング3日間の興行収入が1億1630万ドルと全米映画史上第6位となる好スタートとなっている。日本では4月17日より全国公開される。【関連記事】・雨でもファンサービスのジョニー・デップ!『アリス〜』ワールドプレミア・『アリス〜』イベントでジョニー・デップがサプライズ登場、ファン興奮!・ジョニー・デップ、プレミアでテレビ取材よりもファン優先!・[動画]『パブリック・エネミーズ』ジャパンプレミア/ジョニー・デップ・『アリス・イン・ワンダーランド』作品紹介



世界最速鉄道をさらに改良へ=12年に時速380kmで運行めざす―中国

写真拡大14日、中国鉄路科学研究院の黄強主席研究員は、高速鉄道建設が急ピッチで進む中国において、今年はさらなる高時速車両の開発が進むと発表した。時速380kmで運行することを目標としている。写真は京滬高速鉄道の建設現場。 2010年3月14日、中国鉄路科学研究院の黄強(ホアン・チアン)主席研究員は、高速鉄道建設が急ピッチで進む中国において、今年はさらなる高時速車両の開発が進むと発表した。新京報の報道。今後、実験段階に入る新世代高速車両は時速420km、実際の運行時で時速380kmに達することを目標としており、12年に北京〜上海間を走行する「京滬高速鉄道」への導入を目指す。耐用年数は20年、8両編成で乗客数は約500人となる。なお、新世代車両には旅客機並みのサービスも一部導入する予定で、車内では音楽や映画が視聴可能になるという。【その他の写真】現行で世界最速の鉄道はやはり中国の鉄道。湖北省武漢市と広東省広州市を結ぶ「武広高速鉄道」で、昨年末に運行を開始、時速350kmでの走行が可能だ。(翻訳・編集/愛玉)【関連記事】・中国が高速鉄道王国に、海外17か国と延伸計画進める―韓国紙・中国の高速鉄道が世界へ!米露などとすでに商談―台湾メディア・3年で9200キロの高速鉄道網を建設、総延長世界一へ―中国・北京―上海間高速鉄道運営企業が年内にも上場=高速鉄道は成長産業―中国・<09年中国10大ニュース・9>新幹線を越えた!時速350kmの高速鉄道が開業




-|2010年03月 |2010年04月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。