So-net無料ブログ作成

世界最速鉄道をさらに改良へ=12年に時速380kmで運行めざす―中国

写真拡大14日、中国鉄路科学研究院の黄強主席研究員は、高速鉄道建設が急ピッチで進む中国において、今年はさらなる高時速車両の開発が進むと発表した。時速380kmで運行することを目標としている。写真は京滬高速鉄道の建設現場。 2010年3月14日、中国鉄路科学研究院の黄強(ホアン・チアン)主席研究員は、高速鉄道建設が急ピッチで進む中国において、今年はさらなる高時速車両の開発が進むと発表した。新京報の報道。今後、実験段階に入る新世代高速車両は時速420km、実際の運行時で時速380kmに達することを目標としており、12年に北京〜上海間を走行する「京滬高速鉄道」への導入を目指す。耐用年数は20年、8両編成で乗客数は約500人となる。なお、新世代車両には旅客機並みのサービスも一部導入する予定で、車内では音楽や映画が視聴可能になるという。【その他の写真】現行で世界最速の鉄道はやはり中国の鉄道。湖北省武漢市と広東省広州市を結ぶ「武広高速鉄道」で、昨年末に運行を開始、時速350kmでの走行が可能だ。(翻訳・編集/愛玉)【関連記事】・中国が高速鉄道王国に、海外17か国と延伸計画進める―韓国紙・中国の高速鉄道が世界へ!米露などとすでに商談―台湾メディア・3年で9200キロの高速鉄道網を建設、総延長世界一へ―中国・北京―上海間高速鉄道運営企業が年内にも上場=高速鉄道は成長産業―中国・<09年中国10大ニュース・9>新幹線を越えた!時速350kmの高速鉄道が開業


2010-03-16 14:28  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。